e_yanの在宅介護しながらいろいろブログ

実母の在宅介護。手探りな在宅介護。日々の心の葛藤。出来事の雑記です。

在宅介護しながら、季節の変わりの体調不良1週間でした。

本日もT-yan(母)e-yan(自称 洗濯おばさん)のドタバタ介護ブログにお越しいただきまして、感謝致します。

 

先週は、T-yanが不調で、不調

デイサービスを2回連続休んでしまいました。

せっかく、順調に文句も言わずに出かけてくれていたのに

まことに残念でした。。。💦

 

それでも週3回のデイサービスも3回目にようやく、行ってくれました。

「e-yanに行かされている」とかなんとかさんざん言われてしまいましたがね・・・

一週間ぶりのお風呂です。

さすがに一週間お風呂に入らないと

86歳で新陳代謝も落ちているだろうけど

「お風呂に入らない匂い」はしますね!

    f:id:e_yan:20200921222428j:plain

 

その一週間が過ぎたら

またぜんぜんいつものT-yanに戻りました。

 

しかし

不調の時は、T-yanはe-yanの「母」か?と

不振に思うくらい

e-yanはけちょんけちょんに言われます。(涙)

 

「デイサービスに行けば」と言えなくなってしまうくらい

言われて、つ、つらいです。

f:id:e_yan:20200630214249j:plain

 

短気ですぐイライラするe-yanと

T-yanはどっこいどっこい 

 

季節の変わり目は今度は春先にあるので

その時のためにも体調不良のことを理解することは

必要だと思い、少し調べました。

今後の参考にしていきます。

 

季節の変わり目の不調について

季節の変わり目はどうやら

自立神経の不調をきたすようです。

自立神経とは

体調を正常に保つため、臓器の働きや体温などを正常にコントロールする神経です。昼間や活動している時に活発になる「交感神経」と夜間リラックスしている時に活発になる「副交感神経」と2種類あるそうです。

 自立神経の不調とは

疲労、倦怠感、肩こり、頭痛、動悸、めまい、不眠、便秘、 下痢、耳鳴り、手足のしびれ

上記のような肉体的な症状以外にも、気分の落ち込みや無気力、不安感、急に怒りっぽくなるなど精神的な不安定さ。

 

季節の変わり目になぜ自立神経がみだれるのか

気圧が下がったり上がったりすると、耳の奥にある内耳が敏感に感知。内耳とは中耳のさらに奥に位置し、三半規管や前庭などの体のバランスを保つ気管が集まっている部分です。内耳が感じ取った気圧低下などの情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝達され、それによって自立神経はストレス反応を引き起こして交感神経が興奮状態になり、不調なる。

 参考サイト

https://kenko.sawai.co.jp/healthcare/201804-02.html

 

上記は、高齢者はコントロールが難しいから

顕著に症状が現れるのだろうと思いますが

介護する側も、年齢関係なく

現れて不思議はありません。

 

皆様、秋と春は心しましょうね。

 

本日もおつきあいいただきまして

ありがとうございます。

また、登場しますので

よろしくお願いします。

 

 

 

在宅介護をしながら、季節の変わり目ブルー。

本日もT-yan(母)e-yan(自称 洗濯おばさん)のドタバタ在宅介護ブログにお越しいただきまして、感謝致します。

 

e-yanの勤め先はたまたま、山方面、ここの所よく

リスと遭遇してます。

ラッキーと車中より叫んでます。 かわいい生き物ですね。

f:id:e_yan:20200917222007j:plain

どんぐり集めてるのでしょうか。秋ですね~~~

        f:id:e_yan:20200917222034j:plain

 

 

 

さてさて、

T-yanは2回続けてデイサービスをさぼりました ( ;∀;)

「行かない」

バシッと一言、浴びせられました (涙)

 

恐らくですが

季節の変わり目でブルーになっているのではないかと思います。

老人性鬱っぽいのかもしれません。

 

 

さすがに、2連続は想定外だったので

完全にお昼の準備を考えてなかった 💦

今回は、セブンイレブン 様様 💛

e-yanはセブンイレブン塩むすびが大好きなので

塩むすびを購入。

T-yanの『これおいしいね』と食べてる姿に腹が立つ・・・・(失礼しました)

 

腹が立つのは、お昼の時間仕事の途中に山の会社から下ってきて

時給のe-yanは

チャリ~~ン チャリ~~ン と給料が減っていく

のに

能天気に、塩むすび食べてる 姿 💦

 

これは、T-yanが能天気ということではなく

T-yanは目の前のことが100% 

前後の事情を結びつけるのには

時間がかかる年齢だから

e-yanがそれを受け入れるだけのことなのだけど・・・ね。

e-yanも年なのか

なかなか受け入れないといいましょうか

思考の切り替えができないといいましょうか

どうしても、健康だったT-yanが払拭されません。

それが基準になってしまってます。

 

午後は、一回ヘルパーさんが様子を見に来てくれました。

急にすみません 助かりました。

安心して仕事ができました。

 

T-yanに午後、『いつもの小さいおばさんのヘルパーさんが来てくれるよ』

と伝えたところ

「あんな人たちは役に立たない!!」

と、そら恐ろしい発言。

普段はこんなこと言わないから、やっぱり

季節の変わり目ブルーですね。

 

季節の変わり目って、体内に流れる何かの流れが滞るのでしょうかね・・・

(調べてみます)

 

ここ数日のT-yanのブルー状態って

e-yan自身に意外とダメージが大きくて

せっかく一時崩した体調がよくなってきたのに

また復活気味ですよ。

歯槽膿漏がうずいてる・・・(はずかし)

 

さてさて

明日はデイサービスに行ってくれるでしょうか???

 

 

本日は、おしゃべりにお付き合いいただき

ありがとうございます!

明日も在宅介護に思考錯誤をし

重苦しい在宅介護にエッセンスをお届けできたら

と、なんか上から目線ですが

またお逢いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在宅介護しながら、「穏やかに、怒らないは大変だ~~」

本日もT-yan(母)e-yan(自称洗濯おばさん)のドタバタ在宅介護ブログにお越しいただきまして、感謝致します。

 

先日より、e-yanの『〇〇でなければならない』という価値観をT-yanに押し付けているから、思うようにいかず、『怒り』となり、その結果ますますT-yanの困った行動が増えるのではないか、ということで、自分が変わろうと始めた「穏やか、怒らない」生活。

 

日曜日に2回大きめの声を出してしまったが、以前よりだいぶ「穏やか」な

e-yanであります。 

f:id:e_yan:20200914225157j:plain

エッヘン

 

しかし

 

季節の変わり目不調か、ここ数日T-yanは悪化してる 💦

e-yanが思う結果がなんも出とらん!

(そもそもその発想も価値観の押し付けかな)

 

日曜の朝、何やら泣き声で目が覚めた。

T-yanがめそめそしながら

『母ちゃん 助けて~~~え~~~んえ~~~ん』と泣いているのだ

この“母ちゃん“はT-yanの母 e-yanのばあちゃん。

えっ!

f:id:e_yan:20200821223026j:plain

e-yan 怒ってないよ、なぜ?

 

日曜はなぜかメソメソ

f:id:e_yan:20200625224333j:plain

 

これは、e-yanの妹の励ましと、e-yanの姉との長電話で解消された。ありがたい。

最近の傾向として、T-yanはストレスが溜まるとか

不調の時は、自ら泣き出し何かを吐き出しているとe-yanは分析しております・・・

 

e-yanが「ばあちゃんの写真持ってくる??」と聞くと

T-yan「いらない!」と言います・・・

 

月曜の朝は

デイサービスに行かないと言い出しまして。

「e-yanが困るなら行くけど」って言うから

e-yanが

「別に困らないけど、お昼を作ってないから

どうしようかと思ってる」と言うと

『私が作るからいい、e-yanはなんでもやってしまうけど

自分でできるから』とT-yan。

 

e-yan心の声

「歯磨きさへ、めんどくさくて、入れ歯を洗うから外してって言っても

ヤダという人が何言ってる!!・・・それを言っちゃダメ、ここで言ったら

ますますへそ曲げて、今後もかたくなにデイサービス行かないと

言い出すぞ!!!」

 

 

 

慌てて別の場所へ行って

ウィ ウィ ウィ ウィ

f:id:e_yan:20200727230821j:plainf:id:e_yan:20200727230857j:plain

 

口角を上げて、「楽しい」と脳をだますための

行為。

(いくらか落ち着きます)

 

まあ、大変だわ!

 

 

しかしながら、『穏やかに、怒らない』をレベルアップする

必要を感じている。

T-yanはe-yanが言わなきゃ、食事をせずとも過ごしているし

薬も飲まないし、歯磨きもしない。

おトイレは、自分が気持ち悪いから

さすがに何とかしてますが。

だから、言わないってわけにはいかないのだ、

その言い方の質を上げていく必要を感じてます。

 

お小言ではなく、優しく 優しく

「〇〇やりましょうね~~~」

「〇〇はこうやってみようか~~~」

って。

 

 

 

言えねェー 言えねェー

 

介護士さんみたいな事。

 

T-yanが自分でできることは、出来るだけ継続できるように

持っていくのも

在宅介護の腕の見せ所。

 

f:id:e_yan:20200630214249j:plainフー

 

言ってしまいました e-yanは。

 

続く・・・・

 

 

似たような境遇の方がご覧になっていましたら

頑張りまっしょ!!

 

それでは本日もありがとうございました。

またまた次回もよろしくお願いします。

 

 



 

 


 

 

 

 

 

 

在宅介護をしながら、認知症とボケと脳梗塞後遺症 ?

本日もT-yan(母)e-yan(自称洗濯おばさん)ドタバタ在宅介護ブログにお越しいただきまして感謝致します。

 

最近自分に課している「怒らない、小言を言わず穏やかに」

今日一回 強めの小言を言ってしまいました・・・・・

f:id:e_yan:20200803215132j:plain

 

本当は二回ですが、1回は補聴器の電池が切れていたので

聞こえてませんでした~~

 

 

 

昨日と今日とにかくT-yanは不調で

f:id:e_yan:20200721215608j:plain

 

突っ込みどころ満載で、忍耐を超えてました。

 

e-yan まだまだじゃな~~~💦

f:id:e_yan:20200630214249j:plain

 

 

さてさて、

兼ねてより、疑問に思っていることがあります。

在宅介護の初歩の初歩なんですが。

我が家のT-yanは加齢によるボケなのか認知症なのか脳梗塞の後遺症なのかよくわからない。認知症の進行を遅くする方法など、ネットや本で勉強していますが

果たしてこれは、意味があることなのかと思うと

先へ進めないのであります。

 

わからない理由として

・しっかりしている。

認知症の症状がそれほど出ていないのではないか。

脳梗塞で脳が機能していない箇所があるはず、どこだろう。

 

そこで、まず脳のことを整理してみます。

 脳梗塞後遺症の特徴

(脳の事に特化しました。損傷した脳の部位により症状が違うので、目安です。)

 参考にしたサイト

https://noukousoku119.com/noukousoku/aftermath.html/

 高次脳機能障害

記憶障害

・過去のことが思い出せない
・新しいことが覚えられない
・直前にあった出来事をすぐ忘れる
・同じことを何度も繰り返して話す

注意障害

・集中力が持続しない
・仕事でミスが多くなる
・複数のことが同時にできない

行為障害

・体に障害が無いのに「コップに水をそそぐ」など通常なら容易くできることが出来ない言語障害

・相手の言葉が理解できなかったり、伝えたい事が言葉にできない
・文字が書けなくなる

認知障害(「認知症」とは異なる)

  ・失認左右のどちらかの空間を認識できない
  ・見ただけでは物の名前を思い出せないが触ったり音を聞いたりすると思い出す
  ・よく知っている道で迷子になる
  ・自分の居場所などが地図で指せなくなる
  ・自分が病気であることが理解できない

 

感情(気分)障害

・夜間譫妄(やかんせんもう)夜になると幻覚や幻聴に襲われ、暴れたり大声を出したりする

鬱病(うつびょう)・気分が憂鬱である。気力がわかない、外出や人と会うことがおっくうになる、不眠
・今までできていたことが出来なくなったショックから発症人格や精神面の変化感情失禁:感情のコントロールができず些細なことで怒ったり笑ったりする わがままになったり、暴言を吐いたりする
・人の気持ちが推し量れなくなる脳血管性認知症(脳の記憶や思考を担当する部分が損傷して起きる認知症) 症状が急に現れたり脳梗塞の発症後徐々に悪化していくという特徴があります。 損傷した部分以外は正常なので記憶力は著しく無いが物の判断はしっかりできるといった「一部だけ認知症のような症状が出る」のも特徴です。

 認知症の特徴  

 

認知症には中核症状と周辺症状がある

 中核症状

  • 思いだすことができない状態
  • 見当識障害:時間や場所、人物を正しく認識することができなくなる状態
  • 失語:読む、書く、話す、聞いて理解することが難しくなる状態
  • 失行:実行する意志があるにもかかわらず正しい動作を行うことができない状態
  • 失認:対象を認知することができなくなる状態
  • 遂行機能障害:計画を実行することができなくなる状態

周辺症状

 不眠や幻覚・妄想、うつ状態、過食、徘徊などの症状。

 

認知症の症状は、まだまだ細分化されたものがあります。)

 

ボケ

T-yanは老化のボケだけということは考えにくいので、ただのボケかの発想は削除である。

 

最後に

以上のことから、脳梗塞の後遺症と認知症の違いを見抜くの素人では難しいと判断しました。高次脳機能障害認知症が文章からだと共通部分が多いからです。

認知症の症状は出ている可能性はあります。

ただ、高次脳機能障害の方が色濃く現れているかもしれません。

 

本日のテーマから外れますが、思い出すことが出来ない「記憶」について

記憶は短期記憶と長期記憶があり、短期記憶から長期記憶へ送られるものは

4つあると言われています。

1、意味記憶 2、エピソード記憶 3、手続き記憶 4、感情記憶

4、の感情記憶というものは「最後の日まで残る」ということです。

怒られたことはいつまでも覚えているようです・・・

 

T-yanは認知症でもあるかもしれないので、勉強してもいい!

と判断しました。

やはり「知る」ということは大切ですね。

 

さてさて、何となくe-yanの気持ちが整理されましたので

本日はありがとうございました(笑)

それではまた!

 

 

在宅介護しながら、「穏やかに」継続中のご褒美

本日もT-yan(母)e-yan(私)のドタバタ在宅介護ブログにお越しいただきまして

感謝致します。

 

本日はe-yanにとってご褒美的な日でございました。

なぜならT-yanのお尿のおそそうが無かったのですよ!

f:id:e_yan:20200710230523j:plain

このような日は想像してませんでした。

 

具体的に説明しずらくいけませんが

とにかく、洗濯物がほぼ無い日。

拍子抜け状態です。f:id:e_yan:20200627225358j:plain

 

今日の、天気や気温やらなにやら

記録しておきたい気分です。

色々な条件が揃えばT-yanは絶好調!のデータになるんじゃないかな。

 

明日はわかりませんからね~~~

 

もし、もし、しばらくこの状態が続いたとして

e-yanが怒ってしまって、元に戻ったら

「穏やかに」の成果ってことになりますよね。

 

一つ皆さんも気を付けてください、

「期待はしない」です。

期待を裏切られるようなことがあると「怒り」がおきる

そうですから。

ただ、淡々と受け止めますね。

 

さてさて、ご褒美話はここで終わりにしまして

e-yanはだいぶ、怒りのコントロールが2週間前よりできる

ようになった気がしています。

T-yanは要介護2でちょっと不思議な事を言うこともありますが

なかなかしっかりしておりまして

在宅介護としたら、序盤だろうと思われます。

T-yanは86歳なので、序盤から序章に戻ることはなかなか難しく

中盤を意識した方が賢明かと。

そこで、怒りのコントロール

より強固なものにするよう

また

そんなことばかりしていたら

e-yan自身がつぶれてしまいそうなので

対策を練っていきたいと検討中です。

 

本日は

最後に、T-yanの面白話をおひとつ。

我が家のある長野県では最近

3件の特殊詐欺(オレオレ詐欺)で300万円強の被害額だとか

単純に考えて、一件あたり

100万円の被害。

e-yanが

オレオレ詐欺って無くならないよね~人間って不思議だね~~」

なんて言ってみたところ

T-yan

オレオレ詐欺って何???」

 

最近その話題に触れてなかったから

忘れてる!

e-yanびっくりして、鼻水出そうになっちゃった💦

f:id:e_yan:20200708215336j:plain

 

穏やかでしょう~~~

 

さてさて本日もありがとうございました。

それではまた。

 

在宅介護しながら、「穏やかに!」継続10日できました。

本日もT-yan(母)e-yan(私)のドタバタ介護ブログにお越しいただきまして

感謝致します。

 

ブログを10日おさぼりe-yanです💦

10日前に、

怒ったり、小言を言わず穏やかに過ごすと小さな決心をして

一日目、穏やかに過ごせ、その

気づきがあった報告をブログでしました。

 

その後、継続し新たな気づきがありました。

自分の『怒り』に悩んでいる方(介護で)いくらか参考になれば。

途中経過報告です。

 

その前に、在宅介護最近ですが

e-yanが、

勤め先の冷房のキンキン冷え加減に体がついていかず

すっかり、免疫力が落ち

8年前に発症して以来の、持病の『歯槽膿漏』で

えらいことになってました。

f:id:e_yan:20200905223722j:plain

 

 

痛いくて、痛くて・・・・

栄養のあるもの食べて、(柔らかいものに限る)

十分の睡眠をとるようにしていたら

10日もたっちゃった。

 

皆様も夏バテにご注意下さい。

持病やらあっちこっち悪化しますよ・・・(57歳)

 

        本日の内容

穏やかに過ごすために 何をしたのか

1、やめた事

   細かいことを言う行為。

   例えば、T-yanは左半身 脳梗塞の後遺症があり

   食事の際、「左手を使って」としつこく言ったり、

   「薬はは言わなくても飲んで」とか

   「テレビは自分でつけて」とか

   「歩行器は両手でつかんで」とか

    まあ、細かく一応母の身を思ってですが

    イライラした口調になっていました。    

   T-yanが時々「見張られているみたいで緊張する、自由にさせて!」と

   爆発していたので、やめました。

   後、T-yanの身の回りの世話で犠牲になっていると

  思うこと。

 

 2、やり始めた事

    見て見ぬふり。必要以上に関心を示さない、ただ

   淡々と過ごす。

    どうしてもイライラして言いたくなったら

    口を真一文字に閉じて、言葉を出さない。

    怒りの感情も6秒我慢。と何かで読んだので。

    何気ないことを話かける。

    T-yanの失敗を笑い飛ばす。

    身の回りの世話にに創意工夫を加えて、犠牲になっていてイヤイ

   ヤの感情を持たないよう努める。

     創意工夫すると、そちらに意識が引っ張られます。

    (100%にはならないですよ)

 

10日間でこのようなことをやってみました。

 

何か変わったか。

e-yan 怒らないとか小言をを言わない事が1回できると、次もできるんじゃないか

    と思うようになった。

    怒ってしまって後悔する日々は重いが、怒らないことが出来ると

    反省しない分、気持ちが軽くなるし

    『やってみると意外とできる』という変な自信が生まれる。

 

T-yan 尿の失敗が減る。減るだけで失敗がなくなるわけではないです。

    昼間起きていろいろやる時間が増える。

    夜、寝る時間が長くなる。つまりおしっこで起きる回数が減る。

  

これは、e-yanが怒ることがなくなったからの現象だと言い切れる根拠は何もないです。

 

最後に、イライラ、怒ってしまう介護する自分に落ち込んでいる

e-yan含め皆様、

出来ないって決めつけていませんか?

e-yanもできないって思っていましたが、一回できると何かが変わります。

後は、継続できるかどうかだと思います。

頑張りましょう!!

そんなこと言って、明日 激怒りしたりして。💦

だって人間だものってか。

 

本日もありがとうございました。

それではまたね。

 

 

    

 

在宅介護しながら、「穏やかに」を意識したら気づきがあった。

本日もT-yan(母)T-yan(私)のドタバタ在宅介護ブログにお越しいただきまして

感謝致します。

 

昨日のブログの続きになりますが、e-yanの

【怒り】

【わかっているけど、できない】について

本日の取り組みをご紹介します。

気づきがありました。

 

その前に、本日のドタバタ我が家

T-yanはお留守番の日です。

e-yanのお小言が厳しすぎて

片付け下手なT-yanですが、衣類をきちんとたたんでありまして・・・

e-yanのお小言が刷り込まれ過ぎてます。

T-yanらしさを失っている。

いつも、ぐちゃぐちゃなのに。

 

f:id:e_yan:20200813211346j:plain

 

e-yanの価値観を押し付けすぎですね。

 

 

 

e-yanが一日1つでも変わらなきゃと思い

             本日は『穏やかに過ごす』を意識してみました。

 

今朝、お尿のおそそうが過激だった💦

e-yanは、臭いに鼻がもげそうになりながらも

一言も文句を言わず、荒々しく処理をすることもなく

ただ、黙々と静かに片づけました。(当たり前か!)

むしろ、時短できるように創意工夫してみました。

これは、イライラした感情を別の「工夫する」という行為で

ごまかそうと意識しました。

  

朝食後、口腔衛生作業。

e-yanが出勤に間に合わないといけないという焦りもあり

いつもは、

「はい、歯を磨いて、入れ歯を外して」事務的口調で 口腔衛生道具を

雑に置いてましたが、本日は

「歯みがくじゃ~~ e-yanが入れ歯洗うからね、ここに入れてね」と

軽やかな口調で丁寧に接しました。

 

障子の開け具合を聞いてみる。

暑いから、戸という戸を全部開け放ちたいわけですが

T-yanのベット脇の障子をあけっぴろげると

外から丸見えになる。いつもは適当に風通しが

良いように、開けるのだが

本日は、

「どのくらい開ける~~?」と聞いてみた。

すると、「閉めて欲しい」というのだ。(えっ暑いよ。)

どうやら、ポータブルトイレに座っているところが

外から見えるのが嫌だったようだ。

(ちなみに、道に面していない部屋なので、誰かが訪ねてこない限り

T-yanの部屋の中は見えません)

「夜は廊下のカーテンを閉めてくれるから、ありがたい」

だって。

全く気が付かなかった。

ポータブルトイレ、恥ずかしかったんだ。

e-yanは日常で見慣れてて、ましてや、自分のことではないし

恥ずかしい感覚がマヒしていたようだ。

 

トイレへ行った際、ズボンを下ろされるのが

恥ずかしい、嫌だという話はよく聞くので

ズボンを下ろすときは

「これからズボンを下ろすからね、いい?」と都度確認はしていたが。

そうか、ポータブルトイレも

T-yanにしてみたら、残酷な状況だったんだね。

 

そんなことに気が付いて

そのことについて、考えてみたら

私は間違った感覚になっているのではないかと気が付きました。

『老人』って人が歳をとった状態だけど

知らず知らず『老人』という生き物に仕立て上げていたようだ。

f:id:e_yan:20200827224657j:plain

 

恥ずかしいことは、恥ずかしいんだ。

おいしいものは、おいしい。

楽しいことは、楽しい。

表情は少ないけど。

 

こういうことは 『かっか!!(-_-メ)』していたら

気づかない。

 

しばらく『穏やかに過ごす』を継続していく必要性を感じました。

 

本日はありがとうございました。

それではまた明日。