e_yanの在宅介護しながらいろいろブログ

実母の在宅介護。手探りな在宅介護。日々の心の葛藤。出来事の雑記です。

在宅介護 高齢者の作話と座り込みの救出

本日もT-yan(母)とe-yan(私)のドタバタ在宅介護へお越しいただき感謝いたします。

 

ここ数日、恒例のお尿のおそそうが無く、嘘のように楽である。

先週は雨が続くというのに、毎日シーツの交換をして

狭い家が洗濯されたシーツとバスタオル面積が広かった、除湿したり暖房たいたり。

 

ありがたい、ありがたい。

このムラはなんだろうね。

 

 

いつも、渋りに渋るデイサービスも全く渋ることなくて

『足は動かないけど、体調がいい』とT-yanが申しておりました。

 

体調がいいのだろうけど

ここ数日別の問題が2つ続きました。

 

問題その1

―作話連発!!!―

 

T-yanの作話はTVでニュースを観ているときに話出すことがおおい。

 

『あの女のアナウンサーはかわいいようにしているが、事務所に行くと

ぶん殴ったり、蹴ったりものすごいんだよ』とか

『あの男のアナウンサーは “俺が殴られに行く“ って行こうとすると他の人に止められるれてるんだよ、行けばものすごいことになる、それはすごい』

 

いつもこの話が出て来ます。

はじめは「T-yanいよいよ頭がおかしくなった、ありえないよ!」なんて

笑えない冗談を言ってしまったりしていましたが

最近は

『ヘエ~~~』というだけ・・・これもよくないか。

 

e-yanの妹は、『テレビ見すぎて夢に出てきたんじゃない』

と申しておりました。

 

認知症の症状の中に

  ◎被害者妄想

     物捕られ妄想

     暴言、暴力などの被害妄想

  ◎幻視

     見えないものが見える(『あそこにいるっ!」というような)

  ◎見間違い

     錯視(タオルの柄が人の顔に見える ような)

 

その背景として

   認知症や老化そのものへの不安、一人で生活を送る孤独感、尊厳が傷

   つけられているという悲しみなど、多彩な深い感情が

   隠れていることもある。

 

ということなだそうです。(100%ではなく一因です。)

 

T-yanの作話はどこに関連付けられるのだろう???

家族とか身近な人が出てくるのではなく、TVの人の行動を妄想してるって。

よくわかりましぇん。

 

問題その2

―ベットからずり落ちる連発―

 

夜中にe-yanを呼ぶ声

するとベットからずり落ちてる。

ここに問題があるわけではなく

たまたまe-yanが置いたすべり止めマットの位置が悪かったとか

足が弱っている

という、問題解決にカバーできることである。

問題は

『立ち上がらせ方』なのだ

e-yanはおチビちゃんである、T-yanの方が身長も体重もあるんじゃい。

座り込んでいる人をベットに上げるということは

そう簡単なことではない!

イラストのような作業になります。 

 

 

f:id:e_yan:20200713231258j:plain

f:id:e_yan:20200713231320j:plain

まず、ズボンの腰をぐっと引っ張り(本当はズボンを引っ張るのはよくないらしい)

e-yanの体に近づける。

「せいのでもって」で 力振り絞って

ちょっと体を上げて

そのまま2人でベットに倒れこんで

・・・苦笑する。

プロセス技みたいだけど

 

f:id:e_yan:20200713231350j:plain

 これでいいのかなあ?

以前も、ベットから落ちる内容を書きまして

ケアマネや介護士の方に起こし方を教わろうと思っていたのですが

忘れてた・・・・e-yanの技術なんの進歩もありません。

 

 

その後、ネットで調べてみましたら。

 

T-yanを四つん這いにさせて、

椅子などの頑丈なものにつかまってもらって

膝を立ててもらい、ぐっと腰を持ち上げると

立てるらしい。

そもそも、T-yanは四つん這いになれるのか???

成功したらご報告します。

 

これからこんなことが頻繁になるのだろうね。

腰を痛めそうなので、予防として

背筋を鍛えるエクササイズしたら

腰が痛くなった💦 e-yanです

 

本日の自画自賛名言『病気の妄想はなぜ、よくない事ばかり妄想するのかな

イイことを妄想したっていいじゃない』

 

そもそも、よいこと妄想出来たら、認知じゃないんじゃ。

         f:id:e_yan:20200627225358j:plain

 

それでは、本日もありがとうございました。

また明日。

在宅介護 主治医に言われた事

本日もT-yan(母)とe-yan(私)のドタバタ在宅介護へ

お越しいただきありがとうございます。

 

乾かない大量の洗濯物のすきまよりお届けします。

 

さて、本日は月に一度の通院の日。

なんの心構えもないのに、主治医に

『これからどうします?』といきなり質問されました。

 

 

正直これは

e-yanの触れたくない事でした。

 

 

こんな流れで詳細をご説明します。

1、月1でなぜ通院しているのか。

2、本日、病院で何があったのか。

3、おまけで薬の事

 

まず、なぜ通院しているか。

T-yanは脳梗塞、大腿骨骨折をここ4年で経験しているので

💊血液サラサラの薬を飲み続けなければならない、

💊血圧を下げる薬を飲み続けなければならない、

💊骨粗鬆症の薬を飲み続けなければならない、

💊夜中の尿意を減らすために膀胱を柔軟にする薬を飲んでいる。

から、薬をもらうために、診察をしてもらうためです。

それと、病状の経過の診察です。そのためです。

 

本日T-yanは、『特に調子が悪くないから行かない!』ということで

T-yanは行きませんでした。

『新型コロナ感染症予防』のため

ここのところ、病院へ行かず

e-yanが薬をもらいに行くのが続いたので

T-yanは病院へ行かなくていいいと思い込んでます。

 

病院で何があったか。

 

先生に呼ばれると、e-yanが現状、困ったことなどを説明する。

先生にこやかに聞いてくれてくれます。

整形の先生は

『高齢だからね~~~ははは~同じ薬だしておきますね~~~』

 

内科の先生は

T-yanが一緒にいないと、現実をそのまま話してくれるわけです。

ちゃんとした現実、今置かれている状態を客観的に言われ

ありがたいことなんだけど、もやもや~~暗い気分になります。

本日は、それに加えて

「これからどうします?」と突然言われました。

「これからどうする?」

つまり、

『歩けなくなって寝たきりになったらどうしますか?』

ということです。

 

言葉が出なかった。

考えなければならないことだけど、考えたくなかったというか

もっと先であってほしいという希望といいますか・・・

歩き続けてくれることを願うばかりだったので。

これは、考えなければならない事なんだ!と

思い知らされました。

 

が~~~んとなってしまったら

先生が笑って

『思考停止したね』って言ってました。

 

先生はこの先のことをいくつか選択肢を提示してくれて

選択によっては『ぼくがケアマネージャーに話してもいいからね』と。

高齢はみんなこんな流れに乗るんだろうな~~~

『もう、慣れてるなっ、先生』(e-yan心の声)

 

そんなことがありましたよ。

 

本日のe-yan自画自賛名言『老化は誰にも止められない、いかに冷静に受け止めるかも大切です』

 

寝たきりの高齢者を在宅介護するということはどういうことか

調べたら、お伝えしますね。

 

最後に「おまけの薬の話」

以前のブログで 薬の管理について触れました。

 

=====ここにリンク先が出ればいいのですが

勉強不足で、、、徐々に勉強します、難しいですかねえ???

 

 

以前の内容は、朝の薬がなぜか足りなといった内容。

その原因がわかりました!

T-yanに薬の袋を小分けしないつながった状態のまま渡してまして

T-yanは飲まなかった薬の束を

ゴミ袋に捨ててました。

捨てたというより、片づけたということでしょうか。

T-yanは、なんでもかんでも ビニールに入れるという

習性がありまして

お菓子の入った袋に、用済みのリハビリパンツや

おそそうをして濡れたタオルなど

なんでもかんでも、ビニール袋へ入れます。

すぐ手元にゴミ袋があるので。

f:id:e_yan:20200711230638j:plain

気が付いてよかった。

 

今度は絶対管理をしっかりするぞと

早速、小分けにしました。

f:id:e_yan:20200711231408j:plain  f:id:e_yan:20200711231453j:plain

 

 

でも、小分けにして入れた箱をそのまま

渡したので

「夕」なのに「朝」を飲んでしまったとさ!

 

    f:id:e_yan:20200630214249j:plain

 

明日もバタバタしますので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在宅介護 デイサービスへ順調に出かける。

 先日の水曜日そして本日T-yan(母)は何の曇りもなく、

デーサービスへ出かけました。

 

 

ここのところ、しぶしぶ渋って、渋って

最終的に絶対行かないパターンが多かったので

面食らった感じです。

理由として考えられるのは

  • デイサービスで介護士の方々の対応がいい。

 

これしか、考え付かない。 ん?もしかして

 

 

月曜日に行きたくないと言ったとき、e-yanはあっさり受けつけた。

いつもだったら、

嫌味の一つや二つや三つ言うところですが。

月曜日はこらえました。

それによって、『いつでも休める気軽な場所』

軽い気持ちになったのか??? まさかね。

 

 

一回や二回で判断するのは難しい話である。

 

今後も要観察、観察。

 

 

嫌味の一つや二つや三つを言わなかったのは、これには作戦を立てていました。

 

なぜ、e-yanは嫌味を言ってしまうのか もやもやの原因を消すことにしたのです。

 

=もやもやの原因おそらく3つ=

・お昼の準備を全くしていないのにこれから準備したら仕事に遅刻しちゃうじゃ。

・お昼に仕事抜けて介助、見守りしないといけないじゃ。

・ヘルパーさんが急に来てもらえるか、ケアマネージャーにお願いするのが面倒じゃ。

 

=作戦=

昼食については、温めるだけおかずをストックした。

手作りにこだわり過ぎていたので、ここにたどり着いたのは最近です。

これだけで「来るならこいっ」 気分になりました。

 

仕事を抜け出すのは、段取りして「できる大丈夫」と暗示をかけるくらい。

これは作戦がたたらない 難問である 💦

 

お願いするのが面倒なのは「申し訳ないです」と思わないようにする。

実際、当たり前と思ってみたら、事務的な気分で心の負担が軽減された。

e-yanは悪いな~~申し訳ないな~~とグチグチする

グチグチ野郎だから。『嫌われる勇気』作戦。

 

以上、非常に簡単な作戦でした。

 

功を奏すと信じたい。

 

 

T-yanの通うデイサービスが面白いことになっております。

 

T-yanをお迎えに来てくれるデイサービスの車に同乗する

メンバーで

超 口の悪い おばあ様がいます。

おそらく認知の症状でしょう。

ぐずぐずしてると

「早くしろ!」

とT-yanは怒られてます。

T-yanの話によると、施設でも

「死ね」

とか言われるらしく、T-yanは

「口が悪いおばさん」と家では呼んでいて

時々話をしてくれます。

 

だんだんお互い顔見知りになったら

口の悪いおばさんは、T-yanの隣にいつも座るそうで

T-yanの事、

『お嬢様』と呼ぶらしいのだ。

(T-yanはとても嫌がっている。)

                                   f:id:e_yan:20200710225944j:plain

T-yanは家では、扱いが難しいですが

外ではおしゃべり好きで

どうも、人気者らしいのですよ。

 

e-yanはここだっ!

とばかりに

「T-yanは施設でみんなを明るくするんだね

役にたってるじゃー

きっと施設の人も助かってるよ」

と 「人の役に立つ」

というキーワードを埋め込んでみました。

            f:id:e_yan:20200710230523j:plain

 

 

デイサービスに行きたくない原因をT-yanが語るには

『不自由な体で人様にご迷惑をかけたくない』

『もう迷惑をかけるばかりの人生、早く死にたい』

ということである。

 

迷惑かけるどころか、役に立ってる。

と思ってくれれば。

 

繰り返し、繰り返し

伝えてみます。

 

着々と良い方向へ向かってくれることを願います。

次は『ショートステイ』ねらってます。

 

今日の名言『嫌味の一つ二つ三つは決して良い結果はうまれません」

 

それでは

またまた 明日。

 

 

 

在宅介護 決めつけを緩めると楽になるかなぁ~

用を済ませた後

トイレットペーパーを使うという当たり前の事を

あきらめてみました💦 

 

e-yan(私)は使いますよ。

体の不自由な高齢者T-yan(母)のことですよ!

 

 

それはなぜか???(おトイレのお話ですんません)

 

今更ながらT-yanの復習ですが

4年くらい前に脳梗塞で緊急搬送されたことがあり

左半身に後遺症が残っている86歳女性です。

全く動かないわけではなく、お茶碗も左手で持てますし

歩行器を使って短い距離なら歩けます。

しかし、要介護2で何をするにも見守りが必要な体です。

      f:id:e_yan:20200608224609j:plain

 

 

毎日ほとんどベットで寝ております。(週2日から3日デイサービスに

いやいや出かけます)

ベットサイドに鎮座する『ポータブルトイレ』でなんとか

自分で用を足すことができる予定です。???

予定どおりにいかないこともありますが。

初めのうちは

トイレットペーパーを使っていましたが

気が付けば、

ベットにバスタオル、フェイスタオルを数枚かさね

用を済ませると

そこへ お尻をちょこんと乗せて

タオルで拭いてました。

 

まあ、まあ、まあ、洗濯すればいいか

トイレットペーパーめんどくさいよね~~ いいよ、いいよ。

それでも、さりげなく

あちこちに

トイレットペーパーを忍ばせて

みましたが

鼻をかむくらいしか使いません。

 

そんな生活に慣れ、e-yanもいろいろ麻痺して

毎日大量のタオルをいそいそ洗っておりました。

 

ある時から

タオルではなく

肌触りの優しい素材に変化し始めました。

確かに、捨ててもいいようなゴワゴワタオルが多かったかな。

 

妹が買ってくれた

素敵な面素材の服 肌触り超良いです。

一度も着てないのに、お尻の下に!

 

さすがにこれは

「これは、おしり拭きにしないで!」

とe-yanが一喝。(ストレス1)

 

しばらくタオル生活に戻る

 

気が付けば

また、例の妹からの服が

犠牲に

 

e-yan一喝 (ストレス2)

 

しばらくタオル生活に戻る

 

ある日

ベットに数枚ひくはずのものが

すべて、肌触りのいい

下着群になって エアリズム的な(ストレス3)

 

柔らか素材のパジャマだったり(ストレス4)

 

もう、なんでもあり!!(ストレス爆発ギリギリ)

 

とうとう、姉が買ってくれた

ふわふわなタオル地のハンカチ(爆発する~~)

 

しかしここで、

 

まあ、いいか

 

と思った瞬間

 

笑い話 わらけてきた。

 

『コント』になりました。

 

爆発が未然にすることができました。

 

認知がちょっとある高齢者と付き合うってのは

こういうことなのかと

小さな気づきがありました。

 

別にトイレットペーパーを使わなければならないって

事は無いですよ~~~ 決めつけ緩めると

世界が違ったりする感じです。

ご自由にどうぞ、皆さま。

 

 

 

今日は文字ばかりになってしまいました。

e-yanの『絵』の勉強が進歩なしです。

イラスト上手な おばあちゃんになりたい 長期計画ですから

ご容赦を。

 

絵を描くって時間がかかって

ものすごく集中するから

次の日 e-yanは使い物にならないくらい

くたびれます。老けますな!

 

最後に

f:id:e_yan:20200709223159j:plain

本日購入した ブルーベリー おいしかったです。

旬ってことですか?

果物好きのT-yan 喜んで 良い一日でした。

今日の名言「高齢者は決めつけがないんだな~~不思議」

 

それではまた明日。

 

 

 

 

 

 

在宅介護 朝の出来事雑談

 

ここ数日の雨で多くの被害があり、e-yanの住む地域も雨が降り続き、

大丈夫かと気持ちは脅威にさらされています。

今朝もはよから、ざあざあと降る雨音。

テレビのニュースは

「90年に一度あるかないかの大雨です」

と繰り返しの声。

恐怖が倍増します。

 そのような状態の時に、庭に目を向けたら

家の排水溝の蓋が流れているのを目撃 えっ えっ えっ

    f:id:e_yan:20200708215336j:plain

 

f:id:e_yan:20200708215626j:plain この蓋です。

よくよく見たら

プラゴミが入ったごみ袋とアルミ缶の入ったごみ袋もぷかぷか~~

と庭の低い方へ流れてまして!

       f:id:e_yan:20200708215810p:plain   f:id:e_yan:20200708215810p:plain

やばい、

家の排水溝から出てる水でこの町内が水浸しになったらどうしよう!

というわけのわからない 罪悪感が生まれ、

でも、まてよ、ありえないかっ!

 

半ば、心臓バクバクさせながら、

朝は忙しいので、

ご飯をがつがつ。

しかし食べていることに意識を向けず、

雨の事ばかり考えて食べたものだから

途中でお米詰まらせて、

胸バンバン グーでたたきながら

“し、死ぬかも”と、

息をしているのにかかわらず、変な発想になってしまった。

          f:id:e_yan:20200708220340j:plain

焦るというのはよくないですね、こんな時こそ冷静に

命を守る行動をとらなければ。

こんなe-yanに本当にできるだろうか。

T-yanの命も守らねばならないのに。

考えさせられた朝でした。

 

今朝のT-yanは連日連続 お尿のおそそうがり、

ズボンを数本濡らしてしまった。

連日の雨で他のズボンも乾いていない、

今日は最後のズボンをはいてデイサービスに

行かなきゃいけないのに、

朝トイレで、お尿がどういうわけか 

上に飛んだ(T-yanいわく)

ようで

最後のズボンが濡れてしもうた💦

大雨の脅威のことをおもったら、こんなことどうでもよく感じた次第です。

夕べから、ストーブを使って 必要最小限乾かしたので

何とか、ズボン間に合いました、、、

 

排水溝の話に戻りますが、

我が家の排水溝は

屋根から流れた雨水がすべて一か所に集まるようになっているらしく、

多めの雨が降るたびに パカパカパカパカ開いていたのですよ

実は。

普段は、開いているな!くらいにしか思わないのに

本日のような状況下では、

『あ~~~おしまいだ~~』

みたいな発想になるなんて

人間摩訶不思議ですわ。

今朝、出社途中で割と大きい事故直後に出くわしました。

ニュースで連呼して「命を守る行動を」なんて聞くと誰でも多少なりとも

普段と違う感じになり、事故とか起こしやすいのではないでしょうか。

一番気をつけなきゃいけないのはe-yanか~~~

 

皆様、お気を付けてください。

 

まだまだ雨が続くようです。

今日の名言「自然様、どうかご慈悲を 雨雲よ急いでお立ち退きください」

 

さてさて、動揺しやすいe-yan もっと冷静になりたいものです!!

それでは、明日。

 

 

 

在宅介護 無意識の力なのか認知症のムラなのか。

 T-yan(母)は出来ない、出来ないとさっきまで言っていたことを

知らぬ間に普通にできていることがある。割と多めに。

代表的なところで

テレビのリモコンである。

電源の入れ方もチャンネルの替え方もわからないと言い出し

e-yanにhelpしてくる。

e-yanもここで手を出してしまうと

一生できないようになり、都度e-yanがテレビ管理をしないといけなくなったら

えらいことだと思い

手は出さないのさ

          f:id:e_yan:20200625224333j:plain

そうするとしくしく泣いてしまう・・・時がある。

泣かせてしまうのはかなりの罪悪感なので

渋々、テレビの電源を入れるわけですが

気が付けば、スイスイチャンネル替えて

お気に入りのショップチャンネルを楽しんでいる。😓

ちなみに、e-yanはショップチャンネルの存在を知らなかったが

T-yanがいつも観ていて初めて存在を知ったところです。

 

T-yanのこれらの行動にe-yanは

『リモコンを無意識に操作してる』『毎日使い続けてるから脳が無意識に働くんだ』と思っていた。

むしろ、日々の繰り返しによる脳への影響のすごさに

驚愕していたところです。

 

 

まてよ、、、

これは、認知の症状ではないか???

と疑問を持った。

だって、認知症って症状が出たり正気だったりするって

言われているじゃないですか。

そうなると、リモコンの使い方を忘れたときは

認知の症状中ってことなのかなぁ~~と思う。

 

これは、無意識のすばらしさか、認知症状の進行なのか?

わかりましぇん。

ほけー  f:id:e_yan:20200627225358j:plain

 

T-yanは脳梗塞を患ったので

『血管性認知症』でないかと素人判断で思ってます。

 

骨折する前は、電子レンジで温めたり、洗濯機を回したり

出来ていましたが、ある日突然

電子レンジの使い方、洗濯機の使い方がわからず

e-yanにhelpしてましたがが、気が付けばバリバリ使ってます。

 

無意識の素晴らしさと信じたい!!

 

そう思うと、一生続けたいことをやり続け

脳に刻みこみたいところです。

高齢者になると、無意識にできるってことになるはず (笑)

 

本当のところはどうなんでしょう。

専門家に聴いてみたい!!(ネットではそこまで出てませんでした)

それか、私が勉強するかですよね~~~

検証する方法ってあるんですかね。

 

本日の朝はT-yanのお尿のおそそうが過去最高だったので

朝から超ハードでした。

洗濯物も干す場所もうないゼ!なのでくたびれました。

会社へ着いたら

ぐったりです。

今日は、認知日かしら???

疲れたので早々に退散です。

 

本日の名言『無意識に動けるほど大切はことは脳にすり込もう!」

 

それではまたまた

また明日。

 

 

 

在宅介護 誤嚥(ごえん)についてもっと考えないと!

本日のニュースで『命を守る行動』という言葉を聞きます。

自分で考えることができる人にならないとなぁ~~と深く思います。

 

そんなe-yanはT-yan(母)の命を預かっているような(大げさ)立場にいます。

食やらなにやら、災害が起きたら、おんぶしなきゃいけない。💦

 

本日、おかずの中に『すりごま』を入れたら

速攻 むせてしまった!

ここまでむせることはなかったので

ものすごくショックを受けた。

      f:id:e_yan:20200706222431j:plain

その料理は、家庭菜園で採れたきゅうりを

『ゴマきゅうり』にしたんですよ。

T-yanはこれが好きです。

          f:id:e_yan:20200706223735j:plain

なぜそんなにショックなのか。

実は、e-yanの父は誤嚥性の肺炎の繰り返しで

すっかり体力を失い

何度も入退院を繰り返し

ある日入院した時に『もう、家に帰れないでしょう』と

お医者さんに言われ、あまりのショックで

お医者さんの前で、ボロボロ泣いてしまったというトラウマがある。

しかも最終的なきっかけを作ったのは

e-yanである。

あまりにも食欲がない父に、たまには変わったものを食べてもらおうと

ちょっと、ラーメンを作ったのだ。

父はラーメン好きだったから。

それを誤嚥してしまって

入院。

お医者さんに『麺類~~一番いけないでしょ』と言われたんです。

肺炎になると、タンを自分で出す力がないから

たんを『吸引』をするんです。見てるだけで

つらいことです。つらい思いをさせてしまいました。

e-yanは恐ろしい後悔です。だから

T-yanの食べてむせる、せきをするのが怖くショックです。

高齢者の死亡原因に誤嚥性の肺炎が非常に多いです。

 

だから、T-yanにはこの苦しみを味わってほしくないのです。

本日の、すりごま食べて咳をしているT-yanをみて

まだまだ、配慮が足りないと改めて痛感しました。

それでは高齢者の誤嚥しやすい食べ物って何でしょう。

我が家の場合は、『すりごまとラーメン』が代表です。

調べてみましたら

1、のどや上あごにくっつきそうなもの

   焼きのりとか最中の皮?餅か~~これは入れ歯だと厳しいですね。

2、かみきりにくい、硬い

   これは、細かくしてます。硬いものはT-yan一切手を付けません。

3、水分がなくぱさぱさしている

   T-yanはパンを食べるとかならず『水分、水分』と大騒ぎする

   なるほど

4、つるっと入りやすいものや液体

   確かに、麺だ!我が家は麺を細かくするので

   麺の良さが一切ないです。

   液体は、じゅるじゅるすすります。そしてむせてます。要注意

5、口の中に入れるとばらばらになるもの

   ここに、すりごま入りますか?

6、酸味が強いもの

   T-yanは三杯酢が大好きです。『酢』おおめにしちゃうと

   めっちゃむせます。

 

やっぱり、命を縮めてるな~~

もっと考えないと。

改めて明日からの料理に気を配らなければと思う。

 

高齢者って「ガラス」のような存在だなと常々思う。

 

それで本日『大発見』がありました。

本当はデイサービスの日でしたが

「行きたくない」と言いますので

さぼりました。

そうなると、急遽昼食の用意をしないといけないので

こんな時のために備えておいた

ファミマのお母さん食堂のお惣菜

『甘酢あんが決めて!酢豚』

を出しましたら

むせることなく、ガツガツあっさり完食。

お好みの味だったようだ。

しかもほどよいとろみで、具材も柔らかい。

いっさいむせることなく。 さすがコンビニ!

これは、また備蓄しておこう!!!

 

それでは

本日の名言誤嚥性肺炎は苦しいので、そうならないためにベストを尽くそう!」

 

さてさて本日はここまで。

それではまた明日。ありがとうございました。